小児歯科 | 美しい歯を維持するため、当院ではインプラント、審美回復、歯列矯正、ホワイトニング様々なサービスをご提案しております。

小児歯科

「歯医者を怖がらない」習慣づくりを心がけています。

小さなお子さんにとって、さまざまな器具を持った歯科医師は恐怖の対象です。
人見知りの時期であれば、それだけで「もう会いたくない!」と思ってしまうような思い出となるでしょう。
それがきっかけで治療の必要があるのに歯医者に連れていくのが困難になる、あるいは
治療以外で歯医者に行くのを嫌がるようになってしまうと、健康な歯を守りづらくなります。

苦手意識をつけないようにするにはどうすればいいのか、
名古屋イースト歯科・矯正歯科の小児歯科で行っている「歯医者を怖がらない」習慣づくりを心がけております。

名古屋イースト歯科・矯正歯科での小児歯科治療法

名古屋イースト歯科・矯正歯科での小児歯科治療法としては、下記3つのことを重視しています。

お子さんの気持ちに寄り添う治療
お子さんが見知らぬ大人に対して怖さや不安を感じるのは、当たり前です。しかし、お子さんに将来の歯を健康にするために我慢してほしいと伝えても、目の前の不快な状況が買ってしまいます。そのため、嫌な思いをさせず苦手意識を持たないように、笑顔で楽しく通っていただけるように心がけながら治療にあたっています。

歯医者を嫌がらない習慣づくり
歯医者へのマイナスイメージを植え付けないために、虫歯治療の場合はダイアグノデントを使い、本当に治療が必要なのか、経過観察とブラッシングの指導で大丈夫なのかを適切に判断します。ダイアグノデントとは、治療が必要な虫歯かどうかを数値で示してくれますので、まだ治療しなくても大丈夫な歯をいたずらに削ることなく、痛みも出ません。このように、お子さんに負担をかけない治療が可能になるよう、最新機器も積極的に取り入れて治療しています。

矯正が得意な歯科ならではの発育管理
成長過程にあるお子さんは、乳歯時代の口内環境によって永久歯が正しく生えてこられるかどうかが決まります。名古屋イースト歯科・矯正歯科は矯正歯科にも力を入れていて、目立たないマウスピース矯正のインビザラインを取り入れています。

お子さんの歯が乳歯から永久歯に生え変わるときに、噛み合わせがうまくいかなくなることもありますが、矯正治療を得意としている名古屋イースト歯科・矯正歯科なら将来抜歯などの大掛かりな矯正治療が不要になるよう発育を誘導することも可能です。簡単な土台をつくり、顎の骨の成長がきれいな歯並びになってくれるよう改善できます。

お子さんの歯を守るために親御さんにお伝えしていること

小児歯科に通っていただくお子さんと親御さんには、大人になっても健康な歯を保てるように、3つのことをお伝えしています。

1.ブラッシング指導
まずは正しいブラッシング指導が何よりも大切です。たとえ三食後必ず歯磨きをしていても、しっかり歯垢が除去できていなければ意味がありません。歯垢が残っている状態で寝てしまえば寝ている間にどんどん虫歯も歯周病も進行してしまうことになります。

そうならないためには、鏡を見ながら今はどのあたりに歯ブラシが当たっているのか、どこが磨けているのかを確認しながら、ブラッシング指導を行うことが重要です。また、お子さんは力加減がわからず、強い力で磨いてしまうことが多いです。しかし、強い力で磨かなくても汚れは落ちること、逆に強い力で磨くと歯茎をすり減らしてしまったり、ダメージを与える可能性があることなどを伝え、正しいブラッシング方法を小さい頃から身につけられるように指導しています。楽しく学べるように、笑顔で丁寧に対応しますのでご安心ください

2.虫歯、歯周病菌を移さないためのケア
こちらは主に親御さんに対してですが、周囲の大人から虫歯や歯周病菌を移さないためにケアしてほしいことを伝えています。周囲にいる大人が虫歯菌や歯周病菌を持っている状態ですと、日常の中でその菌を移してしまう可能性が高くなります。

大人自身が歯科医院に通ってメンテナンスをしっかりしておけば、お子さんに移すこともなく、親子共にきれいな口内環境を保つことができます。祖父母に対してもしっかり伝えておくことで、お子さんの健康な歯を守っていきましょう。

3.口移し、食器・カトラリーの共有はNG
こちらも主に親御さんに対してですが、口移し、食器・カトラリーの共有などはNGです。唾液がついたものを共有してしまうと、虫歯・歯周病菌がお子さんに移ってしまうからです。食べさせるときなどについ自分の箸を使ってしまいそうになることもありますので、この点を覚えておき、避けるようにしてください。

健康な歯が守れなくなって歯が抜けてしまうと、食事の味が楽しめなくなるだけでなく、力も入りづらくなり、他の歯も抜けやすい状態になるなどさまざまな障害が出てきます。お子さんが老後に困ることのないよう、今から習慣づけてあげましょう。

お子さんの口内環境は、親御さんの生活習慣が大きく影響します。小さい頃から正しい知識を持って健康な歯をいつまでも守れるように、親御さん自身も正しい知識を一緒に勉強していきましょう。

マウスピース矯正のインビザラインとは?

マウスピース矯正のインビザラインには、従来のワイヤー矯正やブラケット矯正と比較すると下記3つのメリットがあります。

01目立たない

従来のワイヤー矯正やブラケット矯正はシルバーの器具であるため、矯正をしている口元が目立ちます。最近では色が白のものもありますが、どうしても歯の表面にくっつけて使う器具のためしゃべりにくさや口の中が切れるなどのデメリットがあります。

対して、マウスピース矯正の場合は透明で薄い作りとなっているため、目立たない状態で矯正をしていくことが可能です。近くで見てもわかりづらく、多感な時期のお子さんも気にすることなく治療が可能です。

02取り外しが可能

とても大きなメリットとなるのが、従来の矯正器具とは違って取り外しが可能という点です。従来の矯正器具の場合、取り外しができないため、食事の際に器具に食べ物が詰まって清潔感がなくなるだけでなく、虫歯になる可能性も高まります。

毎回食事の度にしっかりと器具に絡まった食べかすの処理をしなければ、口が開けづらくなる、虫歯になりやすくなるなどのデメリットがついて回ります。しかし、マウスピース矯正であれば食事をする際に取り外しが可能。食後は普通に歯磨きをしてマウスピース矯正をはめて生活すればOKです。

03痛みが少ない

従来のワイヤー矯正やブラケット矯正の場合は、ワイヤーで歯を押さえる、あるいはブラケット(歯の表面に点々とつけた器具)をワイヤーで引っ張って矯正します。圧力がかかるのが点であるため、引っ張られるときに痛みが出やすいという特徴があります。マウスピース矯正の場合は、点ではなく歯全体に対して圧力がかかるため、通常の矯正に比べて痛みが出にくいとされています。

見た目も目立たず痛みも出にくい、そして取り外しが可能ということで、マウスピース矯正は一気に人気の矯正方法となりました。顎の骨を調整しても矯正が必要になった場合はぜひマウスピース矯正で負担なくきれいな歯並びを叶えてあげましょう。

インビザライン矯正はこちらへ

名古屋イースト歯科・矯正歯科で重視している、小児歯科の治療法についてご説明しました。
歯医者を怖がるようになってしまうと、将来の健康な歯が守りづらくなってしまいます。
毎日歯を磨いていても、歯の根っこ部分に溜まった歯垢や歯石は歯科医院でないと取り除けません。

そして歯並びが悪い場合は成長過程の段階で、子供の頃から矯正すると病気のリスクも少なくなりますし、
歯並びが良いことでブラッシングしやすく虫歯予防にも繋がります。
大人になってから矯正をしてしまうと何かと忙しい中で通院しなくてはならないので、
矯正を検討され程いる場合お気軽にご相談ください。

保険診療

pagetop