市販の歯磨き粉のデメリット | 美しい歯を維持するため、当院ではインプラント、審美回復、歯列矯正、ホワイトニング様々なサービスをご提案しております。

市販の歯磨き粉のデメリット

市販の歯磨き粉のCMでは歯周病向け商品が多く流れるなど、使っていればオーラルケアが完璧になるような印象を与えるものも多く販売されています。しかし勘違いしてはいけないのは、その歯磨き粉を使ったケアが「治療」ではないこと。

使ったから治るわけではなく、あくまで予防するための商品であることを忘れずに使っていくことが重要です。そこで、良いところばかりのように思える市販の歯磨き粉について、意外に知らないデメリットをご紹介します。正しい知識を持ってあなたの大事な歯を守っていきましょう。

市販の歯磨き粉はむし歯や歯周病に効果がない?

まず市販の歯磨き粉は、むし歯や歯周病に効果がないのかどうかについてご説明します。結論からいうと、予防する効果がありますが治癒してくれるわけではありません。市販歯磨き粉で治癒するのであれば、歯科医院に通う人はいないはずです。

それぞれの項目でどんな予防ができるのか、
見ていきましょう。

むし歯

むし歯に効果があるように宣伝している歯磨き粉は、フッ素配合などのものが多いです。これは再石灰化といって食べ物を食べた口の中は酸性化して歯を溶かします。しかし、このフッ素配合の歯磨き粉で歯磨きをすると、歯の表面部分で一番硬く、歯が細菌に侵されないように守ってくれている「エナメル質を修復してくれる」=再石灰化を促進してくれる効果があるため、むし歯ケアに良いと書かれているのです。

とはいえ、初期むし歯であれば再石灰化で問題なくカバーできますが、進行が進んでいる場合はこの歯磨き粉を使っても、他の歯をこれ以上悪くしないように守るだけで、進行が進んだむし歯は歯科医院で治療をするまでどんどん悪化していきます。

歯周病

歯周病に効果があるように宣伝している歯磨き粉は、歯茎を引き締める、口臭を防ぐなどの働きがあるもの。こちらもぶよぶよに炎症を起こしている歯茎を少しでも引き締める、歯周病が進んでしまった口臭を少しでも解消するなどの成分が含まれているだけで、治す効果はありません。

歯周病も初期のものであれば、出血を止めて引き締めるだけで歯と歯茎の間を埋めることができるかもしれません。しかし、歯の内部に細菌が入ってしまっているものを死滅させるような機能はありませんので、こちらも治すことはできないのです。

あくまで予防するということなので、使っていればOKと思っているとむし歯や歯周病の進行を早めてしまいかねないことは覚えておきましょう。

市販歯磨き粉のデメリットとは?

市販歯磨き粉のデメリットとしては、
3つあります。

すっきり感で磨けた気になってしまう

市販の歯磨き粉には清涼感のある成分が配合されていることも多いため、歯垢を落とし切れていなくてもなんとなく磨けたという満足感を得ることができます。歯垢を落としきらないと歯石になってしまうため、むし歯や歯周病を進行させる危険も。歯磨き粉をつけて磨くのが重要ではなく、歯垢を落とすことにフォーカスするのが大切です。

泡で良く見えず磨き残しが出る

歯磨きをするときは歯と歯茎の境目を磨き、かみ合わせ部分を磨いて裏側や奥の方も歯垢を落とせているか見ながら歯ブラシを当てるのが歯垢を残さないための歯磨き法です。しかし、市販の歯磨き粉は発泡剤が入っており、たくさんの泡でどこに歯ブラシが当たっているか見えません。その場合はしっかり当たっているかわからず、磨き残しが出ている可能性があるといえます。

段階によっては治癒に結びつかない

もちろんセルフケアとして市販の歯磨き粉を使っている人も多いでしょうが、治療に行くまでのつなぎ、もしくは治療そのものと同等と思っている人も稀にいます。しかし、歯磨き粉ができるのは初期のものを若干良くするだけ。細菌を死滅させてくれるわけでも、治療に変わるような劇的な効果があるわけでもありません。

きちんと予防ということを認識し、しっかり歯磨きしていけば予防の効果も出やすくなるはずです。役割分担を理解して歯科医院での治療と並行することで、健康な歯が守りやすい習慣を身につけていきましょう。

pagetop