カルシウム不足が原因で歯はもろくなる? | 美しい歯を維持するため、当院ではインプラント、審美回復、歯列矯正、ホワイトニング様々なサービスをご提案しております。

カルシウム不足が原因で歯はもろくなる?

「カルシウムが不足すると骨が弱くなる」と聞いたことのある人は多いでしょう。しかし、カルシウムと歯の関係性について考えたことのある人は少ないのでは?実はカルシウムと歯は関係性があるため、不足させないように摂取していくことが重要です。

どんな食べ物にカルシウムが多く含まれているかをご紹介しますので、うまく食事に取り入れ、強い歯を作っていってください。

歯とカルシウムの関係

一見歯とは関係なさそうなカルシウム。大人の場合はカルシウム不足が続くと、骨からカルシウムが使われるようになります。しかし、カルシウム不足になっても歯からカルシウムを取ることはありません。しかしこれは大人になってからの話。気になる子供の時のカルシウム影響について、見ていきましょう。

歯とカルシウムの関係

永久歯を無事に育てるためにカルシウムは重要!

歯の大きな部分を占める象牙質。この象牙質はほとんどがカルシウムです。つまり歯の部分の多くを占めるカルシウムは、永久歯が作られる過程で大変重要な栄養素となってきます。赤ちゃんから幼児への時期にしっかりした強い歯をつくるためにも、カルシウム不足にならないよう、大人が注意してあげましょう。

また、永久歯はカルシウムで強くなるため、カルシウム不足で子供の歯が一生弱くならないよう、十分注意をしておくことが重要です。

再石灰化に必要なカルシウム

カルシウムを摂ることは、歯の表面にあるエナメル質の再石灰化でとても重要になってきます。エナメル質が溶けて象牙質が露出してしまうと歯の防御力が弱まり、知覚過敏やむし歯・歯周病になりやすくなるのです。

そんな時に重要な「再石灰化」を促すためには、カルシウムの摂取が欠かせません。再石灰化というのは溶けたエナメル質部分を自動的に修復し、また強い歯に戻してくれるという働きのこと。子供の場合はエナメル質が薄いため、ちょっとしたことでエナメル質が溶けて象牙質が露出してしまいます。

そんな時、口内の唾液に含まれるカルシウムで再石灰化ができるように、カルシウムをとっておくことが重要になってくるのです。

カルシウム不足が原因で歯はもろくなる?

カルシウム不足が原因で歯がもろくなるか?の答えとしてはNOです。カルシウムが不足していても、歯がもろくなることはありません。ただ、口内環境がカルシウム不足によって変わっていく可能性はありますので、その点だけ注意をしておきましょう。

カルシウムで歯を育てるために知っておきたい食べ物・飲み物

そんな重要な役割を担っているカルシウムですが、吸収率が悪いという特徴を持っているので、こまめに摂取していくことが大切です。

牛乳、卵、チーズ、無糖ヨーグルトなどの乳製品、ひじき・わかめ・海苔などの海藻類、いかなご、いわし、煮干しなどの魚介類など、さまざまな食べ物・飲み物にカルシウムが含まれています。

小魚など基本的に骨をまるごと食べられるようなもの、乳製品全般、乾物系などにカルシウムが多く含まれています。最近では食が欧米化したため、摂れるカルシウムが減っている可能性があります。チーズなどの乳製品だけでは不足してしまうリスクがあるため、和食も織り交ぜながら食べていきましょう。

海苔やひじき、わかめ、煮干し、いわしなどを使った和食を心がけた方が、トータルで摂取できるカルシウムを多くすることができそうです。カルシウムは吸収率が悪いことも有名ですから、いろんな食品から少しずつ摂取するなど、不足しないように工夫して取り組んでみてください。

カルシウムの摂取が大切と思っていても、なかなか忙しくて思うように摂取できていない人も多いでしょう。そんな時はお弁当の時に和食を選ぶようにするなどちょっとしたことを心がけてみてください。さらにお子さんがいる場合は特にカルシウムを十分に摂取できるメニューを実践し、お子さんの永久歯を丈夫で健康な歯に育てていきましょう。

pagetop