審美歯科 | 美しい歯を維持するため、当院ではインプラント、審美回復、歯列矯正、ホワイトニング様々なサービスをご提案しております。

審美歯科

イースト歯科で行う審美歯科

審美歯科という言葉をお聞きになったことはありますか?
最近ではアスリートや芸能人など歯並びや白い歯が仕事に関連する方に限らず、
歯並びや歯の着色などを気にされ、審美歯科に通う一般の方も増えてきました。
当医院の審美歯科はどういったことが施術なのか?具体的に施術方法について詳しくご紹介していきます。

審美歯科とは

審美歯科とは、歯に着色がある、歯茎が変色する、義歯が破損した、歯を失ってしまった、歯並びが悪いなどの状況から審美性を回復させるために行う処置のことを指します。

「歯の変色が気になって人前で笑顔になれない」
「歯並びが気になってしまう」
「義歯が破損してしまったので直したい」

などの問題を審美性を高める施術を行うことで「自信を持てるようになりたい」という思いを実現する施術のことです。では具体的にどのような処置を行うのか見ていきましょう。

審美歯科の具体的な施術

健康的は歯美と口元の美を歯の機能(かみ合わせなど)と見た目の回復によって口元に抱えるコンプレックスを解消します。


01.着色 ホワイトニング

歯の着色が気になる場合は、ホワイトニングを行います。歯のクリーニングでは落ちきらないタバコのヤニやお茶やコーヒーなどによる着色は、ホワイトニングを行うことでキレイな白い歯に戻すことができます。
まずはカウンセリングをして希望の仕上がりを把握した後、クリーニングを行います。そしてホワイトニング用のジェルを塗って光照射器で照射することで、着色汚れを浮かせて落とします。
また、その後に自宅でマウスピースに薬剤を入れて一定時間を置き、歯を2段階で白くしていくデュアルホワイトニングという手法もあります。


02.変色 ラミネートベニヤ、セラミック治療

歯の神経を抜いたために歯が変色してしまったなどの場合は、歯の表面を削って陶材で作った表面を歯に接着するというラミネートベニヤという施術になります。前歯の表面を一層削り、その部分のみをセラミックで覆うことにより、色や形を整える治療です。素材は組織親和性のあるセラミックが多く用いられています。

もう1つの方法としては、こちらも陶材のセラミックに切り替えてキレイに治療する方法です。セラミックの場合は歯が生えている根本、歯茎と接触している箇所も含めて削っていき、スッポリと被せる形で施術するため、本来の歯のように自然な仕上がりが期待できます。

どちらも陶材でできているため強度はありますが、強い衝撃を与えると割れてしまうこともあります。


03.虫歯や破損 オールセラミッククラウン治療

自然な歯のような仕上がりを希望される場合は、セラミック治療がおすすめです。メタルボンドのように金属を使っておらず、セラミックのみで歯を修復する、審美性に優れたクラウンです。

光の透過が天然歯とほぼ変わらず美しさを表現できまし、強度も高く裏側も自然な仕上がりとなります。

体にやさしい材質なので金属アレルギーの患者様にもご安心してご使用して頂けます。また強度にも優れ、また、硬質レジンに比べ摩耗・変色もありません。


04.喪失 インプラント

事故や虫歯、歯周病などで歯を失ってしまった場合は、インプラントで審美性を取り戻すことが可能です。歯が抜けてしまった場合、そのまま放置しておくと、どんどん歯茎や歯を支えている骨が退化していってしまうため、いずれは他の歯にも影響が出てきてしまいます。
また、治療の一環としてブリッジや義歯、入れ歯などを行った場合は他の健康な歯を削るなどの負荷がかかってしまいますし、入れ歯も他の歯に引っ掛けて機能するようにするため、ダメージが蓄積してしまいます。
インプラントの場合はチタンのネジのような形の人口歯根を作り、人工歯をつけてこれまでと同じように食べることができるようになります。人工歯で審美性も保たれるため一石二鳥の治療といえるでしょう。


05.歯並び 矯正治療

歯並びが気になる場合は矯正治療で審美性を高める事が可能です。ガタガタになってしまっていた歯列をキレイに矯正器具(ブラケットやマウスピースなど)で整え、美しい歯並びを実現します。またマウスピースの場合はホワイトニングも同時に行えるオプションもありますので、どちらの審美性を整えることも可能です。

当医院では審美歯科の施術方法が各種あります。
自分が気にしている部分に応じて、どの施術があっているのかなどを検討し、一度ご相談ください。
あなたの希望に沿ってプランをご提案させていただきます。

自由診療

pagetop