義歯・入れ歯(グローバル保険診療) | 美しい歯を維持するため、当院ではインプラント、審美回復、歯列矯正、ホワイトニング様々なサービスをご提案しております。

義歯・入れ歯(グローバル保険診療)

差し歯・入れ歯(保険適応内)

差し歯・入れ歯と聞いた時、高齢にならないと必要がないのではと思っていませんか?
入れ歯はともかく、差し歯は年齢関係なく必要になってくるかもしれません。
差し歯・入れ歯は高額なイメージがあると思う方もいらっしゃると思いますが、保険適応内で行える範囲での治療もあります。
実際に施術する前に各種類の紹介と、どのような施術方法があるのかお伝えいたします。

差し歯・入れ歯とは?

差し歯は虫歯、事故などで受けた外傷などで歯の根っことなる部分のみが残った状態の上に、歯に似せたかぶせものをつける処置です。対して、入れ歯は歯を虫歯や歯周病などの疾患で歯を根っこ部分から失ってしまった場合に使う疑似歯の装置です。これまでの咀嚼機能を損なわず、見栄えも生えているように見せるために行う処置です。

差し歯・入れ歯の種類

ではそんな差し歯や入れ歯にはどんな種類があるのでしょうか。それぞれ保険適用内のものをご説明いたします。

入れ歯・義歯の種類

バネのある入れ歯(保険治療)
部分入れ歯は両隣の歯にバネを引っ掛けて入れ歯を安定させる仕組みです。土台となる歯に負担がかかり、健康な歯の寿命を縮める可能性がありますが、保険で行える治療なので、費用が比較的安価であるという特徴があります。バネの部分が金属で出来ているので、大きな口をあけたときなどは目だってしまいます。

総入れ歯
プラスチックで出来た総入れ歯(保険治療)
保険適用の範囲で作られる入れ歯は、床と呼ばれる入れ歯の土台部分がプラスチック製のものになるのが一般的です。強度を出すためにプラスチックを分厚く作り、そのために熱の伝わりが悪かったり、装着時は厚みからくる違和感があります。保険を適用してつくるため、費用は安く抑えることができます。

差し歯保険適用内

まずは差し歯の保険適用内です。

銀歯
年配の方ならつけていることも多い銀歯ですが、強度が非常に高いため重宝されてきました。最近では審美性を重視する人も増えてきているため、少しずつ減っている印象があります。前から6番目以降の歯に適用となるもので3000~5000円程度の負担で作成できます。

硬質レジンジャケット冠
白色のレジン(樹脂)で作られているため、他の歯との調和もとれますが、経年劣化でレジンが変色してしまうことも。金額は銀歯と同じく3000円~5000円程度です。前歯の1~5番目までに適用。

硬質レジン前装冠
金属をメインに作られた差し歯で、外側に歯となるレジンがかぶさっています。前歯にも適用しやすい特徴をもっており、5000円~8000円程度の費用で作成できます。こちらもレジンが変色してしまうので、入れ替えなどのメンテナンスが必要になるかもしれません。


入れ歯保険適用内

バネあり入れ歯(部分)
金属のバネで他の歯に装着することで安定させる部分入れ歯。根本にバネが見えてしまうので審美性が低い特徴があります。

プラスチック、レジン床入れ歯
プラスチックやレジンで作るため安く作ることが可能です。破損した場合の修理も簡単。

保険入れ歯と自費入れ歯の違い

保険診療の入れ歯

保険診療では、人工歯と床(しょう=歯ぐきとなる部分)の素材が樹脂(プラスチック、レジン)のみに限られています。 部分入れ歯で必要なクラスプ(留め具)の材質も金属しか選択できませんので、場所によっては一目で入れ歯だと気付かれてしまうことも。 総入れ歯の床部分のプラスチックは耐久性の問題から一定の厚みが必要になるため、装着時の違和感や食べ物の温度が感じにくい要因になります。

長所
保険診療なので、費用負担を抑えられる
修理が容易なので破損した場合も安心

短所
長期間の使用での変色やすり減りが起こりやすい
食事の味や温度が伝わりにくい
厚みが装着時の違和感につながってしまう
比較的、臭いや汚れを吸着しやすい

自由診療(保険適用外)の入れ歯

その名の通り自由に素材を選ぶことができます。臭いがつきにくい素材、クラスプ(金属の留め具)が必要ない素材、丈夫で生体親和性の良い金属素材など…、保険診療の入れ歯では避けられないデメリットを解消し、機能性や審美性を追求することができます。 自由診療でしか選択できない素材・技術によって、より理想に近いオーダーメイドの精密な入れ歯をご提供します。

「差し歯や入れ歯の施術を受けなければならない。でも金属アレルギーを持っている…」という場合や、
「美味しく食事を楽しみたい」時には保険適用外でお金がかかってしまったとしても、
日常生活が快適に送れる方を選ぶのがおすすめです。
費用感と希望を含めてご相談いただければ、できるだけ両立できるプランを提案させていただきます。

保険診療

pagetop