精密根管治療 | 美しい歯を維持するため、当院ではインプラント、審美回復、歯列矯正、ホワイトニング様々なサービスをご提案しております。

精密根管治療

精密根管治療の主な内容と治療のメリット

精密根管治療という言葉自体をご存じの方はそう多くはありません。
というのも精密根管治療が必要になる方は全体の中でも少ない人数になるからです。
実際、精密根管治療はどんな人がするべき治療なのか、具体的な治療内容をお伝えいたします。

精密根管治療とは?

精密根管治療とは読んで字のごとく、根管(歯の根っこ部分)の治療のことを指します。なぜ根管を治療するかというと、虫歯や歯周病菌などのバイ菌がその根管部分まで到達してしまい、その中にある神経や歯髄なども細菌に汚染されてしまっている状態だからです。

もちろん抜歯することもできますが、根管部分の細菌を死滅させ、洗浄し薬剤を充填して根管を閉じるという治療をすれば、抜歯せずとも根管(歯の根っこ)部分を温存することができるのです。

マイクロスコープという細部を手術する場合に使う顕微鏡を使用して、より精密に根管治療を行えるのです。これまでのマイクロスコープを使わない根管治療の場合は、狭い根管を肉眼で確認できないことから歯科医師の感覚で治療を行ってきました。

そうすると感染した部分を全て取りきれないという問題や、誤って根管を破ってしまい、根管の先に感染した細胞が残ってしまうことで結局は抜歯しなければならないという事態を生むケースも多くあります。

そういった失敗を起こさないよう、マイクロスコープを使った精密根管治療がなされるようになってきたのです。マイクロスコープを使うこと、そしてマイクロスコープに適した精密治療用の器具を使って正確に治療を行っていきます。

精密根管治療の具体的な治療方法

では実際に精密根管治療では具体的にどのような治療を行うのか、ご紹介していきましょう。

01.麻酔

まずは神経を取るための麻酔をかけ、根管部分が見えるように歯の表面部分を削り、露出させます。


02.治療

ラバーダムという治療する歯以外をすべて覆うゴム性のシートのようなものをかぶせることで、唾液などが根管に流れ込まないように処置をします。患部を守るだけではなく、カバーされている唇や粘膜なども同時に保護ができます。

そしてマイクロスコープを装着し、神経や歯髄、血管など根管部分にある組織はすべて細菌に感染しているため、ファイルという精密な針で全てを除去します。根幹部分が枝分かれしている場合や曲がっている場合などは非常に処置の難易度が上がります。

もし、治療中に根管に破折(折れてしまっていて根管が破れている)あるいは穴が空いてていたなどの問題があれば、歯根端切除術や抜歯などの手術に切り替えることもあります。


03.洗浄、消毒

根管内の感染部分を全て取り終えたら根管内をリーマーという専用器具で洗浄、消毒を行います。なんどか繰り返し、殺菌し終えたらゴム製のガッタパーチャという密閉性の高い薬剤で根管内を充填し感染部分の除去・消毒・充填・封鎖は終了です。


04.かぶせもの

その後、削ってしまった部分にかぶせものをして元通りに見えるようにします。かぶせものも隙間ができないように細心の注意を払います。


05.術後

術後は痛みや腫れが起こる場合もあります。ご希望があれば痛み止めをお渡しします。また、治療中や治療してからしばらくは痛みや欠けが出てしまう可能性もあるため、あまり固いものを食べないように注意してください。

根管に詰めたものが安定するまでの期間は、飲食を控えてください。

このようなステップで根管部分の治療を行い、これまで肉眼と歯科医師の感覚で行われていた根管治療の精密さを高めることができているのです。根管治療は最初の治療が非常に重要で、2回目に行った場合はかなり成功率が低下することがわかっています。

最初の治療を精密根管治療にすることで、随分成功率を高めることができるはずです。

精密根管治療のメリット

精密根管治療のメリットとしては下記3点があります。

01再発が防げる

これまでは肉眼で根管治療を行っていたことから視認性が悪く、歯科医師の感覚によるものが大きかった治療方法でした。しかしマイクロスコープを利用した精密根管治療では、緻密な治療ができるため、再発が防げるというメリットがあります。根管治療の場合は再発すると治療の成功率がグッと下がってしまうため、再発が防げるというのはとても重要な進歩といえます。

02歯を温存できる

精密根管治療を実施できることにより根管部分を消毒し、歯を温存することができます。根管に対して治療ができない場合は歯根端切除術や抜歯しか方法がありません。歯を温存して歯の根っこ部分を守ることで、インプラントなどの必要なく、元あった歯を活かして被せ物をするだけの治療で歯を温存できるのです。

自分の歯を守っていくことで歯を失った時に起こるトラブルを起こさずに、行きていくことができます。歯を失った場合は歯茎や歯を支える歯槽骨の退化するというトラブル、インプランドをした場合はインプラント部分から歯周病が進行するなど、歯があれば起こらなかったトラブルを防ぐことができるのです。

03歯の寿命を延ばせる

普通神経を抜いてしまった歯は、内側が空洞になって細菌が繁殖してしまうこともあります。しかし、精密根管治療の場合は根管を封鎖しているため、細菌の二次感染を防ぐことができます。神経を抜いてもしっかり洗浄・消毒・封鎖をしていることで、歯の寿命を延ばし、もともとの歯をキープすることができます。

このように、歯の寿命を延ばすためにとても重要な精密根管治療。
難しい治療だとしても諦めず、一番納得のいく形で治療が実現できるようぜひ一度ご相談ください。

自由診療

pagetop