妊娠中に気をつけること | 美しい歯を維持するため、当院ではインプラント、審美回復、歯列矯正、ホワイトニング様々なサービスをご提案しております。

妊娠中に気をつけること

妊娠中はつわりや食べ物の好みが変わる、むくみやイライラ、気分のアップダウンが激しい、眠気が強いなどさまざまな体の変化があるもの。そんな妊娠中で特に気をつけるべきなのが、歯のケアです。

「なぜ妊娠中に歯のケアが大切になるのか?」その理由をご紹介します。自分も子供も健康な状態で出産できるよう、ぜひ参考にしてみてください。

妊娠中に気をつけるべき歯のケアとは?

妊娠中はつわりで歯磨きができない、食べづわりでずっと食べていないと気持ちが悪いなど、これまでと食生活や生活習慣が大きく異なってくる可能性が高い時期です。赤ちゃんをお腹で育てているため疲労もすごく、眠気が強くなって歯磨きをせずにそのまま寝てしまう、赤ちゃんのための準備や体調不良でオーラルケアができないなど、さまざまな問題を抱えた妊婦さんも多いでしょう。

そんな妊娠中、特に気をつけるべきことはむし歯と歯周病の2つです。

妊娠中に気をつけるべき歯のケア

むし歯

妊婦の方が仮にむし歯になったとしても麻酔や投薬などは時期によってNGですし、妊婦さんを診たがらない先生も多いので治療をすることができないケースもあります。むし歯は放っておくと進行してしまうため、妊娠前に歯医者に行ってメンテナンスしておくことが大切。

そして予防できる可能性を上げるためにフッ素配合の歯磨き粉などでケアをしておき、歯の再石灰化(溶けたエナメル質を修復する作用)を促せるようにしておきましょう。デンタルフロスなどを使ったケアを行うのも、歯垢をしっかり取りきるという意味で役立ちます。

歯周病

妊婦の方の場合、特に歯周病には注意が必要です。女性ホルモンの影響で、女性ホルモンを好む歯周病菌が活性化してしまいます。もともと歯周病だった妊婦さんは悪化してしまう可能性が高いため、注意しましょう。

また、妊娠性歯周炎といい、歯茎が腫れる・出血するなどの症状を訴える方も多くなります。歯茎を傷つけないようにこれまでより注意しながら、ブラッシングすることが重要です。歯周病の妊婦さんの場合は早産や流産の危険度も上がってしまうため、赤ちゃんの健康を守るためにも、自分の口内環境をよく確認しておきましょう。

他にもある妊娠中の問題点とは?

唾液の変化

普段なら口の中の食べカスを流し、中和してくれる働きがある唾液がネバついた質感になり、うまく作用せずお口のトラブルが増える傾向が高いです。

食べ物の変化

酸っぱいものや甘いものが無性に食べたくなり、疲れのせいで食べ続けては寝るという状況になることも多いため、非常にむし歯や歯周病が悪化しやすい状況といえます。あとで歯磨きをするにしてもずっと食べ続けることでお口の中が酸性に傾き、症状が進行することも考えられるでしょう。

口腔ケアの難易度上昇

つわりなどで歯ブラシを口に入れることさえも難しいなど、人によってもつわりの程度が違います。歯磨きを行おうとしてもどうしても辛い吐き気が出てしまうため、歯垢が溜まった状態になるとむし歯も歯周病もすごい速度で進行してしまいます。治療が難しい時期だからこそ、自分で予防できる方法を見つけることが大切です。

歯磨き粉をつけずに歯磨きする、歯ブラシは小さいものを使って口内の接触面積を減らす、柄のついたデンタルフロスで歯間の汚れを取るなど、気持ち悪くなりにくいアイテムを選ぶというのがおすすめです。また、仕上げの段階でマウスウォッシュなどで歯垢がつきにくい状態を作っておくと良いでしょう。

ただでさえ大変な妊娠中に歯のケアに対してこれだけ気を使わなくてはならないのは辛いでしょう。しかし、お母さん自身も赤ちゃんも健康を守るためには歯周病やむし歯にならないように予防することが重要です。

リスクが高まることを意識し、歯科医師に相談しながら自分に合った歯のケアを見つけて母子共に健康な体をキープしてください

pagetop