歯がしみるのは知覚過敏が原因? | 美しい歯を維持するため、当院ではインプラント、審美回復、歯列矯正、ホワイトニング様々なサービスをご提案しております。

歯がしみるのは知覚過敏が原因?

アイスや冷たい飲み物を飲んだ時にビリビリっと歯に痛みが走ったり、しみたりすることがある知覚過敏というのはなんとなく知っている方も多いでしょう。しかし、歯がしみる原因は他にも原因があるため、知覚過敏と思い込んで様子を見ていると悪化してしまう可能性もあるのです。

どのように見分ければいいのかを知り、正しい治療を受けて歯の悩みから解放されてみてください。

知覚過敏の原因とは?

知覚過敏とは熱い・冷たい・甘い・酸っぱいなどの特徴のある食べ物や飲み物を口に入れるとしみる、痛みが出て、それがしばらくすると治るという症状の場合を指します。これまではそんなことがなかったのにどうしてしみるようになってしまうのか。

問題はエナメル質が削れてしまっていることです。歯の構造は露出している一番外の部分がエナメル質という体の中でも一番硬いものなのですが、そのエナメル質が削れてしまった場合、その次の層の象牙質部分にある細管から神経に刺激が伝わり、歯がしみる、あるいは痛みがあるという状態になります。

エナメル質は歯磨き粉の研磨剤や歯磨きの力が強すぎる場合、食べ物の酸やむし歯菌が出す酸、ホワイトニング剤の影響、歯茎やせなどが原因になる場合が多いです。歯がしみるようになった時はこれらに当てはまる節がないかどうかまずは確認してみてください。

知覚過敏以外に歯がしみる原因を知っておこう

先程もご紹介した通り、むし歯や歯茎やせ、ホワイトニングなどが原因となって知覚過敏になる場合もありますが、歯周病や歯石のクリーニングなどが原因となるケースもあります。

知覚過敏以外に歯がしみる原因

知覚過敏の特徴

知覚過敏の場合は先程説明した熱い・冷たい・甘い・酸っぱいなどの特徴のある食べ物や飲み物を口に入れると歯がしみたり痛みが出たりします。逆にいうとそれがなくなればしみることも痛みを感じることもありません。

一時的な痛みで常時痛い・しみているなどの場合は、むし歯や他の病気である可能性が高いです。知覚過敏の場合は歯が再石灰化すればエナメル質が復活して痛みがなくなるということもありますが、基本的に歯の疾患は放っておいて良くなるものはありません。逆にどんどん悪化してしまう場合もありますので、まずは歯科医院で知覚過敏なのかそうでないのかをチェックして適切な治療を行うことをおすすめします。

それ以外の特徴

むし歯の場合は常時痛みを感じ、ズキズキとした痛みが続く病気です。歯周病で歯茎が下がり、常時象牙質が露出している場合は、何かを食べるたびに痛みやしみる感覚を覚える場合もあるでしょう。

知覚過敏の治療法とは

一時的ではあるものの、食べる・飲むことに弊害が出てくる知覚過敏。知覚過敏があるだけでご飯も飲み物も楽しめないため、常時痛みがなくても意外に辛い疾患です。日常生活を楽しむためにすぐ治したいという方のために、知覚過敏の治療法をご紹介します。

下記6つの方法があります。

知覚過敏の治療法

コーティング

フッ素、セメント、レジン(樹脂)など象牙質が露出している部分をコーティングして、神経に刺激が伝わらないようにするという治療法です。歯磨きや歯ぎしりなどで毎日すり減ってしまうこともあるため、知覚過敏症状がなくなるまでは継続して付け足していくことが必要となります。

マウスピース

マウスピースは歯ぎしり原因の知覚過敏の場合に行います。寝ている間は意識できないため、マウスピースで歯をガードし、これ以上知覚過敏が進行しないように予防します。

知覚過敏用の歯磨き粉を使う

カリウムイオンなどが配合された象牙質をカバーできる機能を持った歯磨き粉を使って、知覚過敏を抑えます。使い始めてすぐにしみなくなる、痛みがなくなるという即効性はありませんが、使っていくうちにしみる回数や対象のものが減っていくのは実感できるはずです。

鎮痛剤の処方

あまりに痛みが激しい場合などは一旦痛み止めとして鎮痛剤を処方します。これは一時的な治療であるため、他の方法で対応を進めながら日常生活ができるように薬をうまく使っていくことが重要です。

レーザー

象牙質部分をレーザーで照射することで、「しみる」という症状を緩和できます。象牙質は露出したままになるので、むし歯や歯周病には注意してケアすることが重要です。

神経を抜く

あまりに痛みが強く生活がままならないという場合は、神経を抜くという治療も可能です。しかし神経を抜いてしまうと、養分を送る部分がなくなってしまうため、歯がとてももろくなり、むし歯などの疾患がどんどん進みやすくなるという特徴があります。色味が悪くなる場合もありますので、そのデメリットをよく理解した上でどうするかを考えてみてください。

このように知覚過敏1つをとっても、歯ぎしり・歯周病などの癖や病気が原因となっていることもあります。症状が1つのように思えても実は複数の治療を並行して行う必要がある場合も。勝手に思い込んで自分で対処するのではなく、専門家に見てもらって一番良い方法を選んでみてください。自分の健康を長く維持するためにも健康な歯をしっかり守っていきましょう。

pagetop