インプラント | 美しい歯を維持するため、当院ではインプラント、審美回復、歯列矯正、ホワイトニング様々なサービスをご提案しております。

インプラント

インプラント治療の各施術方法のご説明

最近ではインプラントをしている人も増えてきているため、「インプラント」という言葉自体を聞いたことがあるという方も多いと思います。
しかし、実際に親しい人が治療をされていない場合は、施術内方法や内容などについて把握できていない方も多いはずです。
そんな方のために、当医院でのインプラント治療の施術方法を各種説明いたします。

インプラントとは

インプラントとはネジのような形のものを歯の根本(歯根)部に変え、人口の歯をその上にかぶせて従来の歯のように機能してくれるようにする歯科治療です。インプラントという言葉自体に、人工物を人体に埋め込むという意味があります。

従来歯がなくなったときは入れ歯やブリッジをするのが一般的でしたが、入れ歯やブリッジとは違って自然の歯が生えているのと変わらない刺激を与えてくれます。その刺激によって歯茎や歯を支えている骨が退化せず、歯茎の色が悪くなることもなくピンク色のキレイな歯茎を保つことが可能です。

また、入れ歯やブリッジの場合結局生えている他の歯の負担が大きくなるため、どうしても歯にダメージが行ってしまうことになります。インプラントの場合はそういったことがありません。これまでの歯と同じように使うことができます。

ネジのような部分をインプラント体と呼びますが、これはチタンで作られており、金属アレルギーが出にくいものとなっています。歯根部と同じく3~5mm程度の大きさで長さは6~18mm程度となっています。

こんなお悩みを抱えていませんか?

  • 虫歯や歯周病が原因で歯がボロボロになってしまい、治療を考したい
  • 歯がなくなってしまい、人目に歯を見せるのは億劫になる
  • 奥歯がなくなってしまって、噛み合わせが悪く、噛みたいところで食べ物を噛めないストレス
  • このままいくと歯周病で、歯を失うと歯医者言われた
  • 総入れ歯をしているが、うまく噛めず、噛み合わせが悪く口が切れる
  • インプラントは痛そうなイメージが強く、正直怖い
  • 骨を削って治療するのは痛そうで、怖い

健康的な食生活を営むためには、健康な歯が必要です。一般的には歯が20本以上あれば、たいていの食材は噛んで美味しく食べれます。
ですが、実際は高齢になればなるほど歯の欠損数は増え、自分の歯では食べ物を噛み切れなくなっていきます。歯を失うと認知症をはじめ、さまざまな病気にかかりやすくなることが研究データで発表されています。


認知症発生数

高齢になれば、当然歯がない人は増え、その結果、義歯を入れずにいると、認知症リスクはなんと1.9倍!転倒リスクは2.5倍になってしまいます。歯は抜けたままにしないでください。


肺炎

単に歯がないとこはお口の中での問題だけではなく、生活習慣においてもリスクを伴います。

そして最も恐ろしいのは、歯を失う本数に応じて肺炎の死亡リスクが有意に上がることがわかっています。全ての歯を失った人は半分まで(0~14本)しか失っていない人に比べ肺炎になるリスクが2.07倍に上がるデータが出ております。15~27本の歯を失った人の場合は同じく1.60倍のリスクがあることがわかっております。これを1本あたりのリスクに換算すると1.031倍となり、失う歯の本数が増えるほど肺炎死のリスクも上がります。

生涯ずっと健康でいるためにも当院ではインプラント治療を推奨しております。最新の施術によってあなたの歯の健康を蘇らせます。

経験実績の豊富なドクター5名によるインプラント治療
高い専門性で痛みの少ない安全な治療を行なっています。

当院はインプラント治療に特化している医療機関でもあります。
安心で安全且つ痛みの少ないインプラント治療をコンセプトとし、患者さんの満足度を最重視してインプラント治療を行なっています。歯を失ってインプラント治療を検討されている方は気軽にご相談ください。患者様のお口の状態に対して最も適切なインプラント治療をご提案させて頂きます。インプラントに関する質問については、なんでもわかりやすく丁寧にご説明いたしております。インプラント治療を通じて、以前より日常生活に笑顔を提供できるよう日々努めております。

インプラントのセカンドオピニオンを受け付けます!

経験と実績の豊富なドクター5名によるインプラント治療
高い専門性で痛みの少ない安全な治療を行なっています。

  • 国際口腔インプラント学会認定医原田医師

    ●名古屋駅にあるJRセントラルタワーズ、およびゲートタワーの院長を12年間勤める。
    ●北は北海道、南は九州と全国から来院され、4人中3人がセカンドオピニオンの患者さんに対応し、問題解決してきた。
    ●多くの難解な症例をインプラントを含めた総合治療で対処してきた。
    ●ノーベルバイオケア社の講師として歯科医師を教えている。
    https://www.nobelbiocare.com/jp/ja/

  • 国際口腔インプラント学会認定医藤田医師

    ●歯周病科の大学院大学を卒業し講師として活躍
    ●歯周病のスペシャリストの視点からインプラントへ対応
    ●女性の目線から様々な提案をし患者様に安心していただく

名古屋イースト歯科・矯正歯科に所属する原田正守先生とは15年以上のパートナーシップを結んでおります。また尾崎先生、梶先生とも長期にわたり一緒にお仕事をさせて頂いています。同レベルの旧知の友のように交わる中で、原田先生、尾崎先生、梶先生、藤田先生が患者様のお口の状況を把握し、次々と最良な方法を選択して結果を導くさまはまるでイリュージョンマジックです。

当社は名古屋イースト歯科・矯正歯科様と連携し、高度な技術力持つ歯科技工士として、歯科医院様をしっかりサポートできるように、日々患者様の口腔内の状態やご要望も踏まえつつ、常にに良い歯科素材を扱うため、アメリカのボストンにあるグループ会社での研修や実務経験などを通し、情報収集に努めています。

名古屋イースト歯科・矯正歯科が選ばれる理由

1.藤が丘駅から徒歩1分の立地
地下鉄藤が丘駅から桜通り口から徒歩2分の好立地にある歯医者です。
公共交通機関、お車でのアクセスも大変便利で、名古屋だけでなく、愛知県全域、岐阜県や三重県など県外からも多数のご来院を頂いております。

2.最先端の機材導入
当院には、最先端のCT機器(コンピュータ断層撮影)を用いて精密な検査が可能です。
通常、レントゲンでは解らない細部も精密に診断が可能になります。 インプラント治療をより安心行うことを実現しました。

3.インプラント施術用のオペ室
当院は、インプラント専用のオペ室を完備しております。
当院では安心して手術を受けていただくため、感染防止対策をしかっかり行い、滅菌空間で治療を行っております。

4.CTの結果をコンピューターで確認
インプラント治療する前に、CT検査結果などに基づくシミュレーションの作ることで、精密度が増し、従来とは違い全く同じ位置や方向に人工歯根を埋め込むことが可能になりました。
また、医療ミスや、手術時間が短くなるのメリットも有り、患者様の負担は軽減されます。

5.インプラント専門医が在籍
インプラント治療は自由診療の中でも高度な施術になる為、専門的に経験を得た医師でないと不安かと思います。
当医院では在籍しているドクター4名専門医となります。
インプラントの施術が終わったとしても、定期的なメンテナンスが必ず必要です。
当院では、長く患者様に安心して頂けるよう術後の10年間の保証をお約束しています。

6.料金プランが明瞭
インプラント治療の無料カウンセリングの後に、事前に費用のお見積を患者さんへ提出致します。その後十分にご検討いただき、患者さんにもご納得していただいた上で治療を行います。
当院ではインプラント1本あたり27万円で、かつ10年保証といった料金体系を設けており、明快な料金設定をしております。手術費用もご相談承りますのでまずは無料カウンセリングにおこし下さい。

7.手術には麻酔師が立ち会います。
インプラント治療において多くの方が悩まれるのは手術への恐怖心や不安です。
当院では、麻酔医の立会いのもと、患者さんにとって、安心・安全な環境でインプラント手術を行うことが可能です。
鎮痛薬を静脈内に注入し、麻酔状態をもたらすことで治療を行う静脈内鎮静法も提供しています。

セカンドオピニオン

名古屋イースト歯科・矯正歯科では、セカンドオピニオンを承っております。
当院のドクターのうち3名がセカンドオピニオンの患者さんを担当していた経験があり、中にはゲートタワーのクリニックにて院長を12年務めているドクターもおります。

セカンドオピニオンを利用するメリットは?

  • 01.患者様が現在持っている不安や悩みに対して、客観的視点で意見を得ることができる。
  • 02.治療に関するメリット・デメリットを中立的立場で冷静に説明してもらう機会ができる。
  • 03.各意見を聞くことで、患者様ご自身で納得した治療を選択することができる。
  • 04.誤診や治療のリスクを低減させることが出来ます。ご自身に最適な治療を選択できる判断が高まります。

当医院ではセカンドオピニオンの克服症例を多数解決しております

当院は初診での
相談・カウンセリングは無料です

  • 現状を丁寧にヒアリングし、治療プランの提示、明確な金額のご説明等行います。
    まずはお悩みをお聞かせください。

インプラント治療の流れ

インプラント治療の流れとしては、下記のような流れで進行します。

カウンセリング

まずはインプラント治療はどういった施術を行うのか、どのくらいの時間や費用がかかるのか、どのくらい保持できるのか、メンテナンス頻度などさまざまなことをお伝えし、患者様が納得できる治療法を選択していただけるように進行します。
通常の歯科治療とは異なる部分もありますから、疑問点はしっかり解消しておくことが大切です。

施術前の検査

顎の骨に人工物を埋め込んで行う施術のため、どの位置に神経や血管があるのか、骨の厚さが本当にインプラントに耐えうる厚みを持っているかなどを確認する必要があります。

治療の計画策定

施術前の検査でわかったデータに沿って、可能な治療計画を立ててご提案します。思っていたよりも歯を支えている骨の強度や厚みが足りない場合はインプラント以外の治療をおすすめする場合もあります。

歯周病が進行している場合などはそのままインプラントをすることは難しいため、まず歯周病の治療を進めてからとなります。

インプラント処置

インプラントを埋め込むときには二段階に分けて処置を行います。

一次処置
一次処置ではまずインプラント体と呼ばれる、歯根に埋め込む金属を埋め込むだけの治療です。骨としっかり定着させるために段階を分けて行う必要があります。インプラントを施す範囲によって処置時間は異なりますが、1~3時間が目安の処置時間です。
一次処置をしてから3カ月~半年(上顎で2~3カ月、下顎で4~6カ月)程度の期間を置いて骨としっかり結合してから次の処置を行います。キズが治癒していく時に歯茎がインプラントを覆っていきますが、この間仮歯を入れることも可能です。
一次処置の1~6週間後に型をとり、噛み合わせなどを考慮して人工歯を作っていきます。

二次処置
インプラントの人口歯を作るために型を取るのですが、前回の処置で歯茎にインプラントが覆われている場合が多いため、少し切開して人工歯の土台となる部分を取り付けていきます。取り付けが完了したら後は人工歯をつけていきます。その際は切開するといったことはありません。

インプラントのメリット

次に、インプラントのメリットを改めてまとめてみていきましょう。

01健康な歯へのダメージがない

インプラントは他の歯を削る必要もなく、歯がないことによって負担をかけることもないため、他の歯のダメージを心配する必要がありません。

02もともとの歯と変わらない機能性がある

歯茎にしっかりインプラント体を埋め込んでいるため、もともとの歯のようにしっかり噛んで食事を楽しむ事が可能です。

03歯茎や骨が健康に保てる

人の歯茎や骨は咀嚼などによる刺激がなければ、どんどん退化していってしまいます。入れ歯などが合わなくなってくるのは歯茎や骨が退化してしまうからです。他の治療に比べ、歯茎や骨を健康に保ち続けることが可能です。
また、人工歯の部分は汚れや着色などに強く、審美性に優れているのがメリットです。

当院の提供する3つのインプラント治療

3D画像を使用、歯茎を切開しない痛みや腫れが少ない治療

痛みや腫れが少なく、その日の内にすぐ噛めるノーベルガイド

通常のインプラント治療では、歯茎を切開して、その下にある骨に人工歯根を埋め込みます。

しかし、この方法では出血や治療後の痛み、腫れなどを伴うという課題がありました。

ノーベルガイドは、歯茎を切開することなく人工歯根を埋め込む治療方法です。事前にCT検査を行い、骨の形状や厚みを正確に把握しておきます。その上でどこに人工歯根を埋め込めばいいのかをコンピューターでシミュレーションします。

あとはそのシミュレーション通りに治療できるよう「ノーベルガイド」と呼ばれるものを作製し、それをお口の中に取り付けた状態で、歯肉の一部分に小さな穴をあけ、インプラントを埋入していきます。

歯茎を大きく切る必要がないため、治療箇所の回復が非常に早く、即日取り付ける仮歯も快適にお使いいただくことができます。

治療ポイント
  • 歯茎にわずか直径4mm程度の小さな穴をあける
  • 縫合は不要
  • 出血はほとんどない。腫れや痛みも少ない
  • 手術後すぐに噛める
医療費控除も可能です
当医院では「分割払い」「医療費控除」も可能です。詳しくは担当医、スタッフまでご相談ください。
総入れ歯や多くの歯をすでに失っている、歯周病で多くの歯がグラグラしている方に手術当日から食事可能な治療

1Dayインプラントオールオン4

一般的に、インプラントは歯を失った部分に1本ずつ埋める必要があります。そうすることで独立して支えられる人工歯を取り付けることができるため、他の歯に負担をかけないというメリットがあります。

一方で、多くの歯を失うとインプラント埋入数も増えていってしまい、身体的にも経済的にも大きな負担となります。

この課題を解消するのが「All-on-4」オールオン4です。

「All-on-4」オールオン4は、4本だけインプラントを埋め込み、その上に入れ歯を取り付ける治療方法です。

そうすることで、しっかりと支えられた土台の上で複数の人工歯を使用できるため、いわば入れ歯とインプラントの「いいとこ取り」だと言えます。

また、「オールオン4」はインプラントを埋めたその日に仮歯を固定しますので、治療を受けた当日から軽い食事ができるのも大きな特徴です。

治療ポイント
  • 4本のインプラントで、さらに多くの人工歯を支えられる
  • 通常の総入れ歯よりもしっかりと噛める
  • 骨再生治療なしで受けられることが多い
  • 手術後すぐに人工歯を固定するため、日常生活に支障が出にくい
  • すべての歯に埋入するより費用や身体の負担を抑えることができる
医療費控除も可能です
当医院では「分割払い」「医療費控除」も可能です。詳しくは担当医、スタッフまでご相談ください。
現代再生医療医療を用いた治療法蘇る美しい歯

あなたの歯を再生することが可能です骨誘導再生法(GBR

GBR法とは、主に骨の幅が不足している部分に、膜を覆うことで骨を作るスペースを確保し、骨補補填材を詰め骨の再生を誘導することを可能にした治療法です。

骨誘導再生法(ガイデット・ボーン・リジェネレーション/GBR法)とは、骨幅や高さが足りない場合に骨の再生を促す特殊な膜(メンブレン)を使用して骨量を増やす方法です。
骨の量の不足によりインプラントが完全に骨の中におさまりきらず、インプラントの一部が骨の外側に露出してしまうことが予想されるケースに対し、露出が予想される部分にメンブレンと呼ばれる人工膜を覆い被せることにより骨の再生を促します。

治療のポイント1骨量を計る

骨の幅が薄かったり高さが足りなかった場合、インプラントを埋入しても先端が露出してしまうことがあますが、インプラントの露出部分が多いと、汚れがたまりやすく、感染の原因となってしまいます。また、骨に維持されている部分が少なくなってしまうことから安定性も悪く、将来的にトラブルの原因となる危険性があります。骨量不足でインプラントの露出が予測される場合に骨誘導再生療法GBR法を行います。
インプラント埋入と同時にGBR法を行う場合と、GBR法によって骨量が回復してからインプラント埋入を行う場合があります。

治療のポイント2メンブレン(人工膜)で露出部分を覆う

骨の量の不足によりインプラントの一部が骨の外側に露出してしまうことが予想される部分を、メンブレン(人工膜)で覆います。メンブレンは、小さなネジで固定することもあります。
※不足している骨の量が多い場合は骨補填材を併用することもあります。

治療のポイント3骨の再生

患者様の状態により個人差はありますが概ね4~6ヶ月で骨が再生されます。

治療ポイント
  • インプラントが骨からはみ出さない。
  • 通常のインプラントより衛生的
  • 歯を再生することができる
  • 見た目が本物の歯に近い
  • 骨量が増えるので人体に良い
医療費控除も可能です
当医院では「分割払い」「医療費控除」も可能です。詳しくは担当医、スタッフまでご相談ください。

インプラント治療は各様々な治療方法があります。
当医院でご紹介した治療の流れやメリット確認して頂き、ぜひ参考にしてみてください。
いつでもカウンセリング無料でご相談にのっておりますのでお気軽にお尋ね下さい。

当院は初診での
相談・カウンセリングは無料です

  • 現状を丁寧にヒアリングし、治療プランの提示、明確な金額のご説明等行います。
    まずはお悩みをお聞かせください。

自由診療

pagetop